Kaizen ワークス

80
データ連携でARは「コンテキスト志向」へ。リアルとデジタルを行き来する時代の、新たな顧客体験の作り方とは

データ連携でARは「コンテキスト志向」へ。リアルとデジタルを行き来する時代の、新たな顧客体験の作り方とは

現実世界にデジタル情報を重ねて表現することから「拡張現実」とも呼ばれる“AR”。 このARをビジネスの現場でも活かすべく、2019年9月19日、Kaizen Platformはパートナー企業と共にAR技術を研究するクリエイティブスタジオ「MESON」と共催セミナーを開催しました。 MESONは世界の優れたARプロダクトに贈られる「Auggie Awards」の2019年度で、ソフトウェア開発勢としては日本から初めてファイナリストに選出された経歴を持つなど活躍しています。

7
「今こそARを活用すべきタイミング」GAFAMが次に狙う10兆円超えの“AR市場”を、MESON小林佑樹が紹介

「今こそARを活用すべきタイミング」GAFAMが次に狙う10兆円超えの“AR市場”を、MESON小林佑樹が紹介

スマホ用ゲーム『Pokémon GO』などで、その名をよく目にするようになった“AR”。現実世界にデジタル情報を重ねて表現することから「拡張現実」とも呼ばれます。 このARをビジネスの現場でも活かすべく、2019年9月19日、Kaizen Platformは、世界の優れたARプロダクトに贈られる「Auggie Awards」の2019年度でファイナリストに選出されたMESONでCOOを務める小林佑樹さんを自社にお招きし、セミナーを開催しました。 本記事では、小林さんから紹

10