Kaizen Ad Video Inside

95
「1本100万円と1本5万円の動画を比較して」日本旅行が抱えていた動画施策の課題とは

「1本100万円と1本5万円の動画を比較して」日本旅行が抱えていた動画施策の課題とは

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 今回は日本最初の旅行会社であり、長年の実績と歴史を持つ株式会社日本旅行(以下、日本旅行)ICT営業推進部 Webマーケティングチームにお話をうかがいました。 日本旅行が抱えていた課題は、Web上での認知度拡大。これまでどのような動画施策を実施していたのか、そしてKaizen Adとのお取り組みでどのような知見が得られたので

スキ
16
ランジェリーのよさは動画だからこそ伝わる。動画時代のEC戦略

ランジェリーのよさは動画だからこそ伝わる。動画時代のEC戦略

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 女性向けランジェリーやパジャマ、ルームウェアといった衣服の企画、通信販売を手がけるブランド、ピーチ・ジョン。カタログ販売からスタートした同社には、ウェブ上のクリエイティブを制作するクリエイティブ部があり、静止画やLP、そして動画を制作し、ウェブ上でもブランドイメージを確立、ECサイトでの売り上げにつなげています。 ウェブで

スキ
8
動画のデジタルサイネージ広告の「最適解」を探る。AdAsiaが取り組んだ実証実験とKaizen Adの活用事例

動画のデジタルサイネージ広告の「最適解」を探る。AdAsiaが取り組んだ実証実験とKaizen Adの活用事例

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 AdAsiaはシンガポールに拠点を置くAnyMind Group傘下の子会社として、主に東南アジア、東アジア全域の広告代理事業、例えばアドネットワーク開発、インフルエンサーマーケティングなど、デジタルマーケティングをトータルで手掛けています。その中の日本支社であるAdAsia Japanでは、2018年から駅や空港で設置が進

スキ
5
「まずは一歩踏み出す」楽天証券が考える、Kaizen Adを活かした動画制作とは

「まずは一歩踏み出す」楽天証券が考える、Kaizen Adを活かした動画制作とは

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 「動画元年」から2年。YouTubeやNetflixに代表される動画サービスだけでなく、動画を活用したマーケティング手法が浸透した結果、バナー広告やSNS広告などインターネットではいたるところで動画を目にするようになりました。 しかし多くの企業にとってはまだまだネット動画は未知の世界、その活かし方やそもそもどのように制作し

スキ
4
楽天オーネットとの取り組みから考える、画一的な動画配信からの脱却

楽天オーネットとの取り組みから考える、画一的な動画配信からの脱却

動画に限らず、広告クリエイティブの企画・制作は広告主とユーザーのコミュニケーションそのものをデザインすることでもあります。そのため、テレビCM用の動画をオンラインでそのまま配信するといった画一的な手法から脱却し、広告主はメディアや掲載面に適したクリエイティブをそれぞれに設計し、制作することが必要となる時代になりました。このような話になると、大規模な動画の生産体制やマーケティング組織が必要になるとイメージしがちですが、やり方によっては少数精鋭で動画広告を自主運用することが可能に

スキ
2
動画で新メディアの認知を獲得する。日経BPが取り組む動画キャンペーン施策

動画で新メディアの認知を獲得する。日経BPが取り組む動画キャンペーン施策

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 今回は「日経 xTECH(クロステック)」や「日経クロストレンド」を始めとしたメディアの主に広告やマーケティング支援を行っている株式会社日経BPアド・パートナーズの松村和典氏にお話をうかがいました。 以前まで販促キャンペーンでも動画を活用したことがなかったという同社が、どのようにKaizen Adを活用しているのか。そして

スキ
9
チラシ動画をユーザーの手元へ。ノジマが取り組む、チラシの新しいカタチとは

チラシ動画をユーザーの手元へ。ノジマが取り組む、チラシの新しいカタチとは

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 地域に密着した小売業、特に家電量販店チェーンでは、チラシによる「紙」のコミュニケーションに長年力を入れてきました。新規店舗のオープンや時節に合わせたキャンペーンといった鮮度の高い情報を地域の消費者に届けられることは、チラシが持つ強みです。 しかし昨今、チラシによる販促施策のみでは狙ったターゲットにリーチさせ、実店舗へのさら

スキ
15
「紙」の依存から脱却し、新しいコミュニケーションを。DNPが取り組む、チラシの動画化施策

「紙」の依存から脱却し、新しいコミュニケーションを。DNPが取り組む、チラシの動画化施策

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 デジタルコミュニケーションが発達した現在でも、チラシやポスターをはじめとする「紙」によるコミュニケーションはデジタルにはないメリットがある広告手法です。たとえば地元スーパーの特売や、近所の新規オープンのお知らせといった、鮮度の高い、地域をターゲティングしたリッチなコンテンツを消費者に届けられることは、折り込みチラシや街のポス

スキ
23