見出し画像

動画マーケティングの成功事例と制作のポイントを紹介

マーケティングの手法として近年動画が注目されています。
以前から、動画による広告はテレビCMなどで行われていましたが、膨大な費用が必要だったこともあり、積極的に行える企業は少数でした。

しかし、近年では制作ツールの発展により、より低コストでの動画制作が行えるようになったため、動画によるマーケティングを行う企業が増加しています。

当記事では動画のマーケティングの現状について解説の上、動画マーケティングの成功事例や、制作時のポイントを紹介していきます。

動画マーケティングの現状について

画像1

動画広告市場は拡大傾向
近年は4G環境の整備とスマートフォン・タブレットの世界的な普及により、人々が日常的に動画コンテンツを視聴するようになりました。
日常生活への動画の浸透は、広告市場にも大きな影響をもたらしており、SNSや動画プラットフォームを中心に、動画による広告が急速に普及しています。

2019年12月にサイバーエージェントが発表した「2019年国内動画広告の市場調査」によると、2019年の動画広告市場は2,592億円に、2023年には約倍額の5,065億円にまで達する見込みとなっています。

上記のように、動画広告は既に大きな市場を持っており、今後も拡大していく傾向にあります。

動画プラットフォームの普及
スマートフォンやタブレットによって動画が身近になった結果、YouTubeのような動画プラットフォームが普及してきました。

一般人でも動画を簡単に投稿できるようになったことから、ネット上における動画の母数が増加し、ネットにおける文章コンテンツに匹敵するほどの情報量を持つに至っています。
現在では、買いたいものの評価を調べる際に、サイトではなく動画を観る人も多いです。

動画プラットフォームの普及は、動画内で流れるインストリーム広告の普及を加速させ、動画広告市場の拡大に貢献しています。
消費者が動画プラットフォームで動画視聴をするようになった現代では、他の広告媒体以上に動画マーケティングの効果が期待できるのです。

5Gの到来でさらに広がる可能性
日本では2020年に、5G環境が本格的にスタートします。

今までの4G環境でも十分に動画のストリーミング再生が可能でしたが、5G環境ではさらに大容量のデータをリアルタイムでやり取りできるようになるので、今まで以上に動画マーケティングのバリエーションが増える可能性が高いです。

特に、動画をクリックやタップすることで、視聴者が直接操作することができるインタラクティブ動画や、VR/ARといった仮想現実がより身近になる可能性が高く、今までにない斬新なマーケティングの実現が期待できます。

以上のような状況から、今後更なる可能性が感じられる動画は、マーケティングにおいて無視できない存在となっているのです。

動画マーケティングの成功事例を紹介

画像4


事例1「逆転オセロニア」画像4

https://www.youtube.com/watch?v=p-iCmOo3gUo

オセロを進化させたゲームシステムで人気の「逆転オセロ二ア」の公式PVです。
4分程度の動画の中で、ルールの説明やキャラクターのビジュアル、オンライン対戦の魅力などを簡潔に紹介しています。

ユーザーが求めている情報が整理して発信されており、動画を観るだけでどのようなゲームなのかを直感的に理解することが可能です。対戦の熱い雰囲気を表現しているナレーションも効果的で、高い訴求力を持った動画になっています。

事例2「ダスキン」画像5

https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=2a2lswszeiw&feature=emb_logo

ダスキンの家族介護支援サービスの紹介動画です。
静止画ではイメージがしづらい介護支援サービスの内容を、必要性やメリットも踏まえつつ説明しています。

介護は実写ではどうしてもドキュメンタリータッチになってしまうテーマですが、アニメーションで表現することで、抵抗なく観ることができるようになっているのが特徴です。

アニメーションの表現の幅を上手く活用した好例といえるでしょう。

事例3「au」画像6

https://www.youtube.com/watch?v=aHgaq4Fa0r4

認知度抜群の動画として代表的なのがauのCMです。
桃太郎・浦島太郎・金太郎を主役に据え、独特な世界観でストーリーが展開されていきます。

基本的にはauが打ち出す新サービスやキャンペーンの宣伝を目的に制作されているのですが、ストーリーのインパクトや内容の良さによって、宣伝物に興味がなくてもついつい見てしまう動画になっているのが特徴です。

マーケティングはまず見てもらい、宣伝物を認知してもらうことが重要になるので、auの動画はマーケティング動画としての役割を最大限に活かしていることになります。

宣伝といういやらしさを排除しつつ、視聴者に印象を与える動画の成功事例といえるでしょう。

事例4 「株式会社ベルク」画像7

https://www.youtube.com/watch?v=2qT9-VNM2zk

YouTube上で150万回再生されている株式会社ベルクの採用PR動画です。
就職活動に悩む女性主人公が働く理由を見定めるストーリー調の動画になっています。
単純に感動できる内容となっていることから、PRという側面を気にせず視聴することが可能です。

auとは違うベクトルのユーザー層を想定した、ストーリー調動画の好例といえるでしょう。

事例5 「公益財団法人日本財団 海と日本プロジェクト」画像8

https://www.youtube.com/watch?v=i84ntIqUgiw

現代の海における環境問題や社会的な問題などを次世代に伝え、「自分ごと」として認知してもらうために発足した公益財団法人日本財団 海と日本プロジェクトが公開している動画です。

魚のさばき方から海への関心度を向上させるというコンセプト、動画内における世界観の統一、カメラワークのフォーマット化などによって、動画のブランディングに成功しており、多くの人々に視聴されるシリーズとなっています。

動画マーケティングによるブランディングを考える際に参考にしたい動画です。

マーケティング用動画を制作する際のポイント

画像3

マーケティング用動画を制作する際には、いくつかのポイントがあります。
具体的なポイントは以下の通りです。

・ユーザー層の設定
・情報の整理
・低コストで制作できる動画会社の選定
・定期的な効果測定

詳しく見ていきましょう。

ユーザー層の設定
マーケティング用動画を制作する際に最も重要なポイントは、ユーザー層の設定です。
年齢や性別、住んでいる地域や嗜好などから、宣伝物のユーザーを想定します。

ユーザー層の設定を細かく設定しないと、動画内で伝えたい情報が定まらず、散漫な内容の動画になってしまう可能性が高いです。
結果的に本当に届いて欲しい層どころか、誰にも響かない内容の動画になってしまうので、注意しましょう。

情報の整理
次に重要なポイントが、情報の整理です。
動画は視覚と聴覚を用いて情報を直感的に受け取ることができるので、短時間で多くの情報を視聴者に与えることができます。

上記のような特性から、情報をなるべく多く詰め込みたいと考えてしまいがちですが、情報が多すぎるといくら情報が受け取りやすい動画でも、視聴者が情報を受け取り切れない可能性が高いです。

また、情報が多すぎると何が重要な情報なのか分からなくなってしまい、結果的に訴求力が大幅に低下してしまいます。

マーケティング用の動画を制作する際には、伝えたい情報を整理し、動画の訴求力を高めることが重要です。

低コストで制作できる動画会社の選定
低コストで動画制作できる会社を探すことも、動画マーケティングにおいては重要です。
動画マーケティングでは、定期的な効果測定の上でPDCAを回し、改善していくことが必要になってきます。

つまり、測定期間中は改善した動画をいくつも制作する必要があるのです。

もし動画の制作費用が高額な場合、効果測定が満足な回数行うことができなかったり、測定期間が長期になってしまいます。より短期で効果的な改善を行うためにも、低コスト・短納期で動画制作をすることができる動画会社を探すのがおすすめです。

定期的な効果測定
上記でもお話しした通り、動画マーケティングでは定期的に効果測定をし、PDCAサイクルを回し、動画の内容を改善していくことが重要です。
期間と測定回数を定め、効果測定と改善を行っていくことで、動画マーケティングの効果をより短期で高めることができます。

動画の効果測定は、文章や静止画の場合よりも多くの要素を用いて行うことが可能です。
動画特有といえる効果測定の要素は、以下のようなものになります。

①動画のクリック率
②再生回数
③視聴維持率

特に視聴維持率は、動画の長さやどのような内容が不必要かを判断する有効な材料になりますので、特に注意して確認したい項目です。

上記のような要素にサイトコンテンツとしての要素であるページの滞在時間や直帰率、CV率を加えて、動画をデータ分析し、改善点を探していくことが重要になります。

まとめ

画像9

動画マーケティングの成功事例と制作のポイントについて紹介してきました。当記事で紹介した動画をはじめ、近年では様々な企業がマーケティングに動画を導入し成功を収めています。

動画をマーケティングに活用する際には、ユーザー層を設定し、伝えたい情報を絞り込んで伝えることが重要です。
また、一定期間での効果測定と改善も重要なので、低コスト・短納期で動画を制作する必要があります。

Kaizen Adでは、徹底的に手間を省いた発注システムと10,000人規模のクリエイターネットワークにより、お客様の労力とコストを大幅に削減しており、低コスト・短納期での動画制作が可能です。

マーケティング用動画を制作する際は、ぜひKaizen Adを活用してみてください。

Kaizen Adの詳細はこちらよりご確認いただけます。
▼事例紹介
Kaizen ワークス

▼資料請求
資料ダウンロードバナー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

うれしいです!😢
14
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/