見出し画像

SNS動画の長さはどれくらいが最適?各SNSに適した動画時間を解説!

SNSはネットにおける動画マーケティングの主戦場として、様々な企業に活用されています。

各SNSではターゲット層やUIの関係から、最適な動画の再生時間に違いがあり、把握しておくことで有効なマーケティングが可能です。

当記事では、動画の長さによって効果が変化する理由、各SNSにおける最適な動画再生時間について紹介します。

SNSに限らず尺の長さで動画の効果が変わる理由

画像1

SNSにおける最適な動画の長さについて考える前に、動画の尺の長さで効果が変わる理由についてお話しします。

基本的にマーケティングに利用される動画の多くは、数秒~30秒程度の短尺なものが多いです。

ただし、近年の動画プラットフォームでは数分に及ぶような長尺の動画が流れることもあります。

短尺の動画ではストーリーや商品の詳細な紹介など組み込むことが難しいため、訴求力が低く、単体ではコンバージョンに繋げる力が強くありません。

代わりに、短尺であるほど視聴者がストレスを感じにくいため、抵抗なく視聴してくれる可能性が高いです。

よって、短尺の動画でブランド名や商品名などを印象的に見せることができれば、認知度の獲得や広告想起の効果が期待できます。

対して、長尺の動画はストーリーやメッセージ、商品紹介などを組み込む余裕があるため、動画単体の訴求力が高いです。

既に認知しているユーザーをターゲットに宣伝物の魅力を説明し、好感度を上げることで、コンバージョンに繋げる用途で活用されます。

ただし、先述したように長尺の動画はユーザーにストレスを与えてしまうため、あらかじめ認知していないユーザーに視聴してもらえる可能性は低いと言われます。

また、最後まで使用してもらうためにも、短尺の動画以上に内容を吟味する必要があるでしょう。

動画の尺による効果が変わる要因は?

画像2

マーケティングにおいて最適な動画の尺は、以下の要因によって変化します。

・SNSごとの違い
・ジャンルごとの違い

詳しく見ていきましょう。

SNSごとの違い
まずはSNSごとの違いです。

基本的に、SNS上で効果が高い動画の時間は1分以内と言われています。

中でも、不特定多数が膨大な量の動画を気軽に投稿しているInstagramでは、自身のフィードを全てさらい切るために、30秒以内の動画が好まれやすいです。

対して、動画プラットフォームのYoutubeでは、ユーザーが腰を落ち着かせてじっくりと動画を観ることが影響しているのか、2分程度の動画のエンゲージメントが高くなっています。

以上のようにSNSによって効果的な動画時間が変化するので、各SNSに適した尺で動画を制作することが重要です。

ジャンルごとの違い
もう一つの要因はジャンルごとの違いです。

商品を紹介する動画とブランドやサービスなどをプロモーションするような動画では、効果の高い動画時間には大きな違いがあります。

商品紹介やHow toを紹介する場合は、情報量が少ないとユーザーのニーズを満たすことができないため、ある程度の尺が必要です。

対して、プロモーション動画の目的は認知獲得と広告想起になるので、短尺で印象的に宣伝物を紹介するのが効果的になります。

SNSごとの特徴も踏まえると、ターゲット層だけでなく、動画のジャンルも加味しつつマーケティングチャネルを設定することが重要になるでしょう。

SNSごとの最適な動画の長さを紹介

画像3

先述したように、効果的な動画の時間は、SNSごとに違いがあります。

当記事では、以下のSNSにおける最適な動画時間を紹介します。

・Facebook
・Twitter
・Instagram
・Youtube

詳しく見ていきましょう。

Facebook
Facebookでは、1分程度の動画が最もエンゲージメントを獲得できる可能性が高いです。

Facebookは、同じく文章が中心におかれているSNSであるTwitterに比べ、投稿できる文字数も多く、ユーザーが1つのコンテンツをじっくりと観る傾向があります。

フィードをスクロールする速度が比較的緩やかであることから、ある程度の長さの動画でも抵抗なく視聴してくれるユーザーが多いといえるでしょう。

Twitter
Twitterで最もエンゲージメントが獲得できる動画時間は40秒程度です。

Facebookに比べ投稿文字数が少ないTwitterでは、1つ1つのコンテンツを閲覧するペースが速いユーザーが多くなっています。

結果的に、Facebookよりも短い時間の動画が好まれる傾向があるようです。

商品の紹介などを行うには少々短いので、ユーザーの傾向も加味して、内容にひねりを加えた認知獲得目的の動画を活用するのに向いているといえるでしょう。

Instagram
Instagramで最適な動画の尺は30秒程度です。

先にも触れましたが、Instagramは文章ではなく動画が中心のSNSとなっており、毎日膨大な量の動画がフィードに現れることになります。

結果、長尺な動画だとフィードをさらいたいユーザーにストレスを与えることになり、最後まで見られない可能性が高いです。

逆に言えば、動画を視聴することに抵抗がないユーザーが多いので短尺動画での認知獲得には活用しやすいSNSであるといえるでしょう。

Youtube
Youtubeでは2分程度の動画が最もエンゲージメントを獲得しています。

長時間の動画を視聴することが前提のYoutubeでは、動画視聴に抵抗があるユーザーが少ないので、興味付けさえできれば長尺でも最後まで視聴してくれる場合が多いです。

また、他の媒体とは違い、PC環境で利用するユーザーが多いことも長尺の動画が迎合される要因といえるでしょう。

6秒程度のバンパー広告なども利用できることから、短尺の動画で興味づけを行い、長尺の動画でコンバージョンに繋げるという流れを作ることも可能です。

SNSに投稿する動画のジャンルごとの最適な長さを紹介

画像4

次に、以下の動画ジャンルごとの最適な動画時間を紹介します。

・商品紹介
・プロモーション

詳しく見ていきましょう。

商品紹介
商品紹介やHow toを紹介する動画では、45秒~90秒程度の長さが最適であると言われています。

紹介系の動画では、インパクトを与えることよりも宣伝物の理解度を高めることが重要です。

短尺の動画では情報量がどうしても足りなくなるので、商品紹介には適しません。

短すぎず長すぎず、必要な情報を過不足なく伝えられる動画制作を目指しましょう。

プロモーション
プロモーション動画の場合、15秒程度の動画が最適であると言われています。

認知度獲得が目的の動画は、基本的にユーザーに知られていないことを前提に制作することになるので、視聴したユーザーにストレスを与えないことが重要です。

よって、短時間かつ宣伝物が気になるような内容で、視聴者の自発的な行動を誘導するような動画が有効になるでしょう。

SNS動画の効果を上げるポイント

画像5

SNS動画のマーケティング効果を上げるポイントは以下の通りです。

・サムネイルにこだわる
・起承転結を作る
・シリーズものなら続きを予感させる要素を入れる

詳しく見ていきましょう。

サムネイルにこだわる
SNS上に投稿する場合、まず重要なポイントとなるのがサムネイルです。

直感的に再生したくなるようなサムネイルを制作できれば、再生数の増加が望めます。

サムネイルには基本的に、動画内のキャプチャーかオリジナルの画像を差し込むこと可能です。

動画内のキャプチャーでは何についての動画なのかが良く分からないことが多いので、基本的にはオリジナルの画像を使用するのが良いでしょう。

サムネイルを作成する際には、気になるキャッチコピーや画像を利用して、シンプルかつ目に留まりやすいデザインにすることが重要です。

起承転結を作る
動画を制作する上では、情報を提供するだけでなく、起承転結を意識した内容に仕上げることが重要です。

いかに短い動画であったとしても、動画内にストーリーがないと、視聴者への訴求力が低くなってしまい、印象に残らない可能性があります。

商品紹介にも役者を使用してストーリー性を持たせたり、続きものにしたりなど、見ごたえのあるコンテンツに仕上げることで、より効果的なマーケティングを行うことができるでしょう。

まとめ

画像6

各SNSにおける最適な動画時間についてお話ししてきました。

SNSで動画マーケティングを行う場合は、それぞれの媒体で最もエンゲージメントがとれている動画時間を把握することが重要になってきます。

また、動画のジャンルによっても効果的な長さが変わってくるので、マーケティングの目的から動画時間を設定し、最適なマーケティングチャネルを検討するというのも有効な手段でしょう。

動画マーケティングでは繰り返しの効果測定と改善が重要になるので、低コストかつ短納期で動画制作ができる環境を整えておくことが大切になってきます。

KAIZEN ADでは、徹底的に手間を省いた発注システムと10,000人規模のクリエイターネットワークにより、お客様の労力とコストを大幅に削減しており、低コスト・短納期での動画制作が可能です。

動画マーケティングを行っていきたい人は、ぜひKaizen Adを活用してみてください。

Kaizen Ad
▼事例紹介
Kaizen ワークス

▼資料請求資料ダウンロードバナー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

光栄です!もっとがんばります!!
7
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/

こちらでもピックアップされています

Kaizen Ad Video Inside
Kaizen Ad Video Inside
  • 92本

【Kaizen Ad Video Inside】5G時代の動画コミュニケーション戦略をどう考えていくか? Kaizen Adチームがおくる、動画のノウハウ、トレンドから事例まで動画と動画広告のすべてがわかるマガジンです。