見出し画像

アパレル業界の動画広告・成功事例を紹介! インスタとの連携で効果は上がる?

アパレル業界では動画広告のマーケティング戦略が重要になっています。
動画がプロモーションツールとして定着するまでは、実店舗で試着する以外にイメージしづらかった着用感を、動画の視聴で実感できるようになり、ECサイトへの誘導からスムーズに購入へ至るケースが増えました。

アパレル業界のプロモーションは動画視聴に慣れた世代と相性のいいインスタ(Instagram)との連携もしやすく、SNSプロモーションでも各社が成果を上げています。
今回は、人気アパレル企業の動画広告成功事例をご紹介します。

アパレル業界で動画を活用するメリットは?

画像1

アパレル業界のプロモーションに動画を活用することで、どんなメリットがあるのでしょうか。購入検討者が動画を視聴することで生まれる効果をみていきましょう。

ECサイトへの導線がスムーズで売上アップが見込める
ブランドイメージやコンセプトの違いで他ブランドとの差別化を図る傾向が特に強いアパレル業界。
自社ブランドのHPを開いた時点で「興味」があり、どんな商品があるのか「知りたい」と考えている利用者を引き止め、購入意欲を持ってもらうためには、さらに魅力のあるコンテンツの提供が必要です。

ブランドのイメージやメッセージを視覚と聴覚に訴えながら、実際にユーザーが着たときのイメージをリアルに伝える動画は「これが着たい」「これが欲しい」という購買意欲を刺激。ECサイトへの誘導へ高い効果が期待できます。

インスタなどのSNSと相性がいい
インスタやTwitterなどのSNSでは、利用者が誰でも簡単に気に入った動画を紹介し、拡散できます。
「インスタ映え」という言葉が世の中に浸透しているように、少しでもおしゃれな動画や画像を探している利用者との親和性が高く、お互いにとってメリットになることから、アパレル業界のプロモーションでは欠かせない存在となっています。

アイテムの着用イメージがしやすい
アパレル業界のファッションアイテムは写真や文字で単体紹介だけではなく、モデルが着用し、実際に動いている方がイメージが広がり、購買意欲につながります。

写真画像では以前から行われてましたが、動画で展開することで、デート・女子会・オフィス・旅行など様々なシーンでのファッションで雰囲気も臨場感を持って伝えられます。さらに例えば「スカートが風になびく」などのシチュエイションで布地の柔らかさや質感なども伝わり、着用イメージと重ねられるでしょう。

動画は写真と文字より多くの情報を届けることができルため、アイテムを手に取ることができないユーザーの不安を取り除き、安心感につながります。

着回し術やコーディネート提案もできる
ファッションに関心の高いユーザーは自分が持っているアイテムとのコーディネイトを重視するため、アイテムに対する着まわしバリエーションの提案が売上げアップへと期待できます。

動画プロモーションでは、むしろ実店舗以上にこのバリエーション提案がしやすいため、ユーザーが所持アイテムを確認しながら、コーディネートをイメージできます。さらに上級の着回しテクニックなどを紹介すれば、ユーザーに役立つ情報として認知され、チャンネル登録を増やせるでしょう。

アパレル業界向け効果的な動画制作のポイント

画像2

アパレル業界のマーケティングとして動画制作を依頼する場合、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。
動画制作のポイントをご紹介します。

購入ページへのスムーズな導線設計を行う
動画の中に、クリックやタップをするだけで購入ページに飛ぶ「インタラクティプ動画」を意識することがポイントです。
マークがついたタグをタップすると、ポップアップで「商品名・金額・ECサイト誘導ボタン」などの商品の詳細情報が表示されるので、スムーズに購入ページへと誘導できます。

ターゲット層に人気の高いインフルエンサーを活用する
アパレル企業がブランドイメージを大切にしつつターゲット層にリーチするために、人気の高いインフルエンサーを起用することが一般的になっています。
インフルエンサーが着用するとそのままブランドのイメージとして定着する可能性もあるので、ブランドの世界観やイメージに合っているかを精査する必要があるでしょう。

動画視聴者へのリアルタイムセールなども導入する
ECサイトの魅力は、24時間いつでも好きな時間に買い物ができるところです。
たまたまサイトを開いた際に気に入ったアイテムが、リアルタイムセールになっていたらどうでしょうか。「今買わないと損」と思わせるタイムセールを導入するのも、即購買に結びつけるポイントです。
Amazonなどの大手サイトではよくある手法ですが「あと何時間」などの期限を設けるのも効果的です。

また、アパレル業界において在庫管理は極めて重要な業務です。在庫数を管理しやすいECサイトの特性を活かせるリアルタイムセールの導入は、余剰在庫問題の解決策としても有効といえます。

関連アイテムの訴求も行う
アパレル業界では季節ごとにブランドの顔となるアイテムを設定していると思います。メイン商品とともに相性の良い小物などの関連商品も一緒に訴求すると、相乗効果で売り上げのアップにつながるでしょう。
動画でもこうした実店舗でのコーディネートディスプレイの手法を活用できます。

アパレル業界の動画事例紹介

画像3

アパレル業界で実際に使用されている動画の事例をご紹介します。

【事例1】ピーチジョン
https://media.kaizenplatform.com/n/n90fdf498aa64?magazine_key=mc1f4d0607790

明るくポップなブランドイメージで商品の機能を紹介
YouTubeにて「PEACH JOHN 2019 Winter SMART BRA」を公開中。スマートブラの紹介動画です。軽快な音楽に乗せて動くモデルが、いろいろな角度から商品を見せて、どのような特徴があるのかをテキストで紹介。最後は洋服を着た状態のポーズで「痩せて見える」効果があることを強調しています。視聴者に、明るくPOPなブランドイメージと「見た目体重は『ブラ』で減らせる」というコンセプトを同時に届ける、49秒間の動画です。

キャプチャ1

【事例2】ANAP
https://media.kaizenplatform.com/n/n5d0240daf456?creator_urlname=kaizenplatform

福袋の中身を見せて安心感で購買につなげる
「ANAP 2019 HAPPY BAGスペシャルムービー」はハッピーバッグの紹介動画です。いわゆる「福袋」は中身がわからないものが多いですが、こちらではバッグの中にどのような物が入っているのかを動画で紹介することで、視聴者に安心感を与えています。クールなブランドスメージに合ったモデルを起用し、フルコーディネートができることを見せて「お得感」をさりげなくアピール。YouTubeから公式サイトへリンクがあり、そちらには他のパターンやキッズ向けバッグの中身も紹介しています。

キャプチャ2

【事例3】UNITED ARROWS
オーダースーツをもっと気軽に若い層にも広めるには
公式サイトにてオーダースーツのオーダーの手順をストーリー仕立てで解説。初めてオーダースーツを作るときの不安や見立て方などを、新人の店員とベテランの店員が演じながら見せてくれます。

若い人にはハードルが高いオーダースーツですが、自分で好みの生地を選び、体形に合ったスーツを作って着ることが「カッコイイ」「やってみたい」と思わせてくれる動画になっています。公式サイトではスーツの値段や納期も明記されているので、この動画には購入検討者の後押しをする役割もあります。

キャプチャ3

【事例4】ワコール
新機能を紹介しながらターゲット層を広げる狙いも

YouTubeにて「SUHADA ONE」の機能を紹介する動画を公開。ワコールというと落ち着いた大人の女性の下着ブランドというイメージが強いですが、こちらの商品は若いモデルを起用し、デザインも可愛らしくすることで、従来よりも若い層にターゲットを広げる意図を感じます。

最近ではワイヤーのきついブラを避ける傾向にあるので、下着メーカーはワイヤーなしできれいに見せることができる機能を開発しています。その意味でも、ワコールのノンワイヤーブラを紹介するこの動画は、注目を集めています。

キャプチャ4

【事例5】ユニクロ
短い時間の中で商品の特性を全て伝える

シンプルな動画公式サイトにて「Women シフォンプリーツスカートパンツ」の紹介動画を公開中。

音もないシンプルな動画ですが、シフォン生地の柔らかさや、プリーツスカートパンツのボリューム感、風になびく軽やかなイメージを、モデルの動きで全て伝えてくれます。流行のビッグシルエットのニットと、ショートブーツを白にして春を感じさせるなど、13秒という短い時間の中でたくさんの情報を詰め込んだ動画になっています。

キャプチャ5

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425559-51

アパレル業界の動画制作は高クオリティのものを

画像9

ファッションを魅力的に伝えるためには、今後はますますよりクオリティの高い動画が求められる傾向となっていきます。アパレル業界においては動画広告のクリエイティブが、特に重要性が高いと言えるでしょう。

とはいえ、動画制作のコストを極力抑えることも課題のひとつではないでしょうか。動画広告をこれから始めるアパレル企業様や動画制作コストを抑えたいアパレル企業様には、低コストで高クオリティ動画を実現できるKaizen Adがおすすめです。

▼Kaizen Adの「事例」を見たい方はこちら
Kaizen ワークス

▼Kaizen Adの「資料請求」はこちら資料ダウンロードバナー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

スキありがとうございます!とっても励みになります!
1
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/

こちらでもピックアップされています

Kaizen Ad Video Inside
Kaizen Ad Video Inside
  • 94本

【Kaizen Ad Video Inside】5G時代の動画コミュニケーション戦略をどう考えていくか? Kaizen Adチームがおくる、動画のノウハウ、トレンドから事例まで動画と動画広告のすべてがわかるマガジンです。