見出し画像

毎日失敗大歓迎

自己紹介

おっす、おら次郎。Kaizen Adの責任者をしておりますです。普通に1回書いたんですよ。真面目に。で、その中身を見せたら「You are superつまらない」とディスられてしまったので、自由に書きたいと思います。まず、簡単に自己紹介と業務内容、将来の展望なんかも書こうかな。敬語調で書くのがあまり好きではないので、フランクに書こうかなと思っております。

入社はちょうど1年ぐらい前の5月にTony(日本人)から「手伝ってくれない?」いいよ。みたいなのがキッカケでした。当時から自由人だったわたくしは車通勤じゃないと無理!とか言ってみたり、海外出張の時はビジネス以上じゃないと西麻布のラウンジで使いまくる!と脅迫してみたりしましたが、今では楽しく毎日働いています。すどけん(弊社CEO)と渡部(弊社COO)は俺の扱い方がいまいち未だにわかってないから、大変だろうなーと日々思ったりします。ただ、思うだけで行動に制限がかかることないね。自由人だから。

業務内容 - なう

そもそもタイトルにある毎日失敗大歓迎の文化を書こうかなと思ったときに、背景がわからないとよからぬ集団だと思われたら逆効果なので、簡単に今やってる業務内容を説明したいなと。

大きく分けると4つやっていて、営業、人事、マーケティング、パートナー関連です。

営業はわかりやすく、部下を叱咤激励してます。売上少ないよーとか売上少ないよーとかクレーム多いよーとか心の中で激励してる。営業って新規/既存のクライアントとミーティングをして、売上を増やすのが主の仕事なんだけど、2019年6月末時点でAdの事業ではAE(Account Executive/営業)が俺含め6名いるので、この6名の行動管理とか提案内容の向上とかフォローアップとか同行とかそんな事してます。短髪、金髪、ピアス、Tシャツ、短パンなんですよ。俺。クライアントから「旅行帰りですか?」「今からジム行くんですか?」「海から帰ってきましたか?」って言われても気にしない。ちなみに意外とみんな誰も気にしないよ。

人事はそもそもAdには業務としてなかったんだけど、自分たちでやりたいなーと思って、勝手に交渉して6月から作りました。全員採用がいい感じだったので、Adでは全員採用を採用しております。なので、Kaizen Adのメンバーから「Kaizenマジいけてるから、会社に遊びにこない?」って言われたら、高須先生と回答頂き、満面の笑みでご参加ください。

後は普通に面接したり、採用戦略を考えたり、カルチャーを浸透させたり、PL見ながら給与とかインセンティブもっとみんなに上げたいなーとか毎日考えてます。ごめん、うそ。1週間に1回ぐらい。

マーケティングは最近真剣に取り組み始めて、チャネル戦略、各チャネルのペルソナ設計、データの可視化、LPの設計、ホワイトペーパーの作成、Paid Media、コンテンツマーケとかなんか無限に仕事してます。もうぶっちゃけちゃうと、うちの営業って8割が紹介経由なのよ。で、残りがイベント/インバウンドみたいな感じなんだけど、もったいないなーと思ってこれをKaizenしようとしてるなう。

画像1

パートナー業務は一言でいうと、Facebook/Google向き合いです。Facebookの方とメッセしたり、Googleの方とメールしたり、セミナーに参加したり、英語を喋ったり、日本語を喋ったりしています。

毎日そこそこ忙しく仕事してるんだけど、とにかく属人化をなくし、誰でも簡単に売れる商品、コミュニケーションを設計し、リードは枯渇せずアポが余ってしょうがない状況を作り、人が入りたくてしょうがないような採用ブランディングを作れる事を夢見てます。
I have a dream.

失敗したい人大募集!!

Adの事業は比較的新しく1年強の事業。毎日、市場も人もプロダクトも変化しています。つまり何が起こるかというと、極論毎日やる事が変わります。ほんとに毎日変わったりします。いきなり俺が営業しなくなったりします。クライアントがAを欲していたら提供しないといけないかもしれない。そうすると、Bというフローが代わり、Cという人間に迷惑がかかるかもしれない。やった事もないし、変化が激しいので毎日失敗します。俺もよく失敗します。そして、自信を持って言おう。明日も失敗する!と。
そもそもさ、当たり前だと思わない?やったことない事やるとするじゃない。やったことないから大体失敗するのよ。当たり前だけど。ただ、がんばるじゃん。これはAかな?Bかな?みたいな。でも大体失敗するじゃん。

毎日失敗するじゃん。当然のごとく、どや顔で失敗します。ただ、いいのよ。だって、それが当たり前だから。問題は失敗を許容できるカルチャー作りと失敗を次に生かすマインドセットの方がはるかに重要なのよね。失敗しても「ファンタスティック」って言える。これ重要。俺も毎日失敗してます。どや顔で笑いながら失敗したことをネタにしてたりします。そんな人間を受け入れてくれる組織やカルチャーが大事だと思っています。

で、失敗エピソードを書こうと思って社内でヒアリングしたら、誰も「え?失敗したことありましたっけ?」みたいなキョトン顔するわけさ。そこで俺は気づいたね。「誰も失敗と認識していない」タイトルを変えようと思います。毎日失敗大歓迎から誰も失敗と認識していないスーパーポジティブ集団へようこそ。w

PDCAじゃない、DDDD

画像2

世の中にはPDCA(Plan, Do, Check, Actの略)という概念がある。予定をたて、実行し、何が悪いかを査定し、次のアクションに繋げる。ただ、Planって時間かかるじゃん。ものすごいスピードで事業判断するにはあんまりPlanとかしてられないんですよね。なので、Ad事業ではDDDDを取り入れており、完全なるオリジナルです。とにかく行動することを前提としています。これしていいですか?DO!これやりたいんですけど、お金がかかります。DO!女の子をデートに誘いたいです。DO!悪く言ってしまうと、何も考えずに行動するDODODODOです。ジョジョの進化系。

Kaizen Adは自由でフラットです。最低限の規律はありますが、年齢や職位で自分の可能性に蓋を閉めることがありません。こんな会社に興味を持ったあなた!白金高輪でJiroと握手!

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

うれしいです!😢
9
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。