見出し画像

デジタルシフトとは?企業が取り組むべき内容を紹介!

スマートフォンが普及し、人々が簡単に情報を得られるようになった現代では、マーケティングの手法に大きな変化が訪れています。

今までのようなアナログなマーケティング戦略だけでは効果が薄くなっており、デジタル技術を活用したピンポイントなマーケティングに効果が出てきています。

デジタル技術を活用したマーケティングでは「デジタルシフト」という言葉が聞かれるようになりました。

当記事では、デジタルシフトについて、定義と企業が取り組む上でのポイントを紹介していきます。

デジタルシフトとは

画像1

デジタルシフトを広義的な意味で定義づけると、人々の生産・消費活動にデジタル技術を組み込むことで、より効率的なものに変えていくことを指します。

ビジネスにおいては、より狭義の定義づけがされており、「企業と消費者が時間や場所にとらわず、双方向にコミュニケーションを取れる環境をデジタル技術によって構築すること」を指すことが多いです。

スマートフォンの普及を皮切りに、人々は手元の端末1つで世界中の様々な情報にアクセスできるようになり、メールや電話などで直接コミュニケーションをとることが可能になりました。

結果、消費者の消費活動には大きな変化が発生し、企業側も変化に合わせたマーケティング戦略をとる必要性が出てきています。

消費者の中で広がるデジタルシフト
先述のように、デジタルシフトは「企業と消費者が時間や場所にとらわず、双方向にコミュニケーションを取れる環境をデジタル技術によって構築すること」を指します。

実際のところ、デジタルシフトの恩恵は消費者の方が大きいと言えるでしょう。

現在、消費者はスマートフォン1つで自身が持つニーズの認識や情報収集、ECサイトなどを利用した購買行動までを即時に完結させることができます。

今までは場所や時間の制約によって実現まで時間がかかったり、途中で断念していた行動が「場所を選ばず、すぐに行える」ようになったのです。

結果、企業は今までのように店を構えて消費者を待つだけではなく、消費者が行う情報収集から購買までの行動を分析し、適切なマーケティングを行っていかなければならない状況になってきました。

デジタル技術の発展と普及によって大きく変化した消費者の心理に企業が対応するためにも、企業自体がデジタルシフトを行い、消費者の心理を利用したマーケティング戦略を考える必要があります。

ビッグデータの活用が重要
先述の通り、ビジネスシフトによる消費者心理の変化していることを考慮すると、企業がビジネスシフトを行う目的は、変化した消費者の心理に寄り添った情報提供や商品の提示をできるようにすることになります。

上記のようなマーケティングを行うためには、ビッグデータの活用が重要です。

AIやIoTを始めとしたICT技術を有効に活用することで集めたビッグデータは消費者のニーズを捉えるための好材料となります。

ビッグデータを活用し、消費者のニーズをピンポイントに捉えた情報提供を行い、かつ情報の獲得から購買までの筋道を提示することができれば、モノが溢れた現代社会においても充分な成果を得ることができるでしょう。

ビッグデータを最大限に活用するためにも、デジタルシフトは重要なのです。

デジタルトランスフォーメーション(DX)との違い
デジタルシフトと似た言葉として、デジタルトランスフォーメーション(DX)というものがあります。

共に企業におけるデジタル化という面では共通点がありますが、定義や目的が違うので注意が必要です。

デジタルシフトは先述の通り、「企業と消費者が時間や場所にとらわず、双方向にコミュニケーションを取れる環境をデジタル技術によって構築すること」を指します。

対して、DXは「複数の技術革新が浸透していくことで、人々の生活がより良いものになっていく」という考え方のことで、より広義的な概念です。

すなわち、AIやIoTといったICT技術が進化し、導入されていくことで、社会全体のシステムをより最適化できるという思想になります。

企業単位での話になると、ICTを活用することで、製品やサービスだけでなく、業務フローや組織体系、社内制度などを根本的に改革し、最適化することであり、デジタルシフトよりも広範囲に影響する考え方であるといえるでしょう。

デジタルシフトの広告利用について

画像2

デジタルシフトで変化する広告市場
広告市場では、他業種よりも顕著にデジタルシフトの影響を受けています。

電通が発表した「2019年 日本の広告費」によると、日本国内のインターネット広告費は2019年、遂にテレビ広告費を抜き、2兆円を突破しました。
イベントや折込など、物理的な広告を総合したプロモーションメディア広告費にも迫っており、今後はさらに成長することが予想されています。

アナログよりもデジタルがマジョリティとなった広告市場では、特にデジタルシフトが重要担っているといえるでしょう。

デジタルシフトを利用したマーケティング戦略
広告市場の現状からも分かるように、今後の企業のマーケティングではデジタルシフトが必須となってきています。

実際に、マーケティングのためにSNSや動画プラットフォームにおいて、動画広告を利用したり、インフルエンサーによるマーケティングを行っている企業も多いでしょう。

しかし、何も考えずにとりあえず広告を出しているだけでは、大きな成果は得られません。

デジタルシフトを利用したマーケティングを行う際には、消費者の心理を常に考えつつ、広告から購買までの筋道を明確にする必要があります。

個々の消費者から収集される膨大な情報から主流となるニーズを見定めるためにも、企業にはICT技術を有効に活用し、部門の垣根を超えたデータ運用をしていくことが重要です。

企業がデジタルシフトを活用する際のポイント

画像3

デジタルシフトされたマーケティングが重要であることが分かったところで、企業がデジタルシフトマーケティングを行う上でのポイントを紹介します。

企業がデジタルシフトマーケティングを行う際のポイントは以下の通りです。

・ターゲッティングを明確に行う
・ターゲットに合わせたマーケティングチャネルを利用する
・効果測定と改善を繰り返す

詳しく見ていきましょう。

ターゲッティングを明確に行う
まず1つ目のポイントは、ターゲット層を明確に設定することです。

年齢や性別・地域や嗜好などによって、効果的なマーケティング方法は大きく変わってきます。

ターゲット層を絞り込むことで使用するマーケティングチャネルやアプローチの方法などをより明確化することができるので、より効率的に成果を上げることが可能です。

併せて、マーケティングの目的を明確化しておくことも重要になります。

例えばマーケティングの目的が認知獲得なのであれば、話題性のある広告が有効になることが多いです。

対して、商品の購買が最終目標なのであれば、商品の特徴が理解でき、必要性が分かるような内容の広告を制作した方が効果的であるといえます。

ターゲッティングと目的の設定はデジタルシフトマーケティングを行う上で最初に重要になるポイントなどで、軽視せずにしっかり吟味するようにしましょう。

ターゲットに合わせたマーケティングチャネルを利用する
ターゲット層に合わせたマーケティングチャネルを利用することも、デジタルシフトマーケティングでは重要なポイントです。

多くの人が感覚的に認知しているように、各マーケティングチャネルは積極的に利用している層が大きく違います。

例えば、SNSでいえばFacebookは年齢層が高めかつビジネス用途で使用していることが多く、Instagramは流行に敏感な若年層の割合が高いです。

また、自身のニーズがはっきりしている場合は、検索エンジンで自発的にリサーチする可能性が高いので、リスティング広告でLPに誘導した方が効果的な可能性があります。

全体的にアプローチしていくにしても、特に力を入れるマーケティングチャネルを決定することで具体的な戦略が決定するので、主戦場となるチャネルは明確にするようにしましょう。

効果測定と改善を繰り返す
より効果的にデジタルシフトマーケティングを行うためには、度重なる効果測定と改善が重要です。

先述したように、デジタルシフトによる企業側の恩恵は、膨大なビッグデータが得られることになります。

つまり、データを効果的に運用できないと、効果的なマーケティングを行うことができないということです。

よって、マーケティング施策を一度行ったら終わりではなく、期間を決めて広告の視聴回数やコンバージョン率などのデータを集計した上でPDCAを回し、広告を改善していくことが重要になります。

効果測定と改善は短期間で集中的に行うほど効果的になる可能性が高いです。

月1回の効果測定と改善を半年行うなど、具体的な期間を決め、効率的に施策を行っていくことで、より効果的なマーケティングを行うことができるでしょう。

企業におけるデジタルシフトの事例を紹介

画像4

事例1「freee株式会社」
https://corp.freee.co.jp/

会計や税務、人事部門に関するクラウドサービスを展開する「freee株式会社」は、数々の企業にデジタルシフトをもたらしています。

事務作業の多くをクラウドでの運用に移すことで、企業の省人化や業務効率化を行うことができ、より先進的な会社経営が可能です。

今後訪れる時代を察知し、消費者ではなく事業者に対しターゲッティングした結果生まれた、画期的なシステムといえるでしょう。

企業の内部的なデジタルシフトを助力する、現代らしい企業といえます。

事例2「キリン」
https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/kirinlemon/

飲料メーカーの「キリン」は、看板商品のキリンレモンにおいて、デジタルシフトマーケティングを実施しています。

今までテレビ広告を主戦場としていたキリンレモンですが、近年では動画プラットフォームなどに拠点を移し、アーティストや声優などを起用したピンポイントな宣伝を行っているのが特徴です。

その背景には、20~30代の男女にターゲットを絞って収集したデータの活用があります。

明確なターゲッティングとマーケティングチャネルの設定が活きた好例といえるでしょう。

事例3「Neighborhood Goods」
https://neighborhoodgoods.com/

「Neighborhood Goods」は、最先端のデジタルシフトマーケティングを行っているアメリカでアパレルショップです。

専用アプリを活用することで、セルフ決済から店舗スタッフとのチャットを通じたアドバイスなどを行うことができ、店舗の省人化に成功しています。

加えて、アプリを活用して併設されたレストランへ商品を届けてくれるサービスも行っており、顧客は食事中に商品の選定から決済まで行うことが可能です。

店舗スタッフがInstagramを有効に活用しているのもポイントで、店員というよりは
キュレーターとして活躍しています。

デジタルシフトによって従業員の働き方まで変化した好例といえるでしょう。

まとめ

画像5

モノが溢れ、ユーザーのニーズが拡散しきった現代において、有効なマーケティングを行うためには、ビッグデータの活用が必須です。

効率良くデータを収集するためにも、今後は企業のデジタルシフトが急務になってくるでしょう。

デジタルシフトマーケティングを行う際には、ターゲット層を明確にし、施策を繰り返すことによって得られたデータの分析と改善を行うことが重要になってきます。

KAIZEN ADでは、徹底的に手間を省いた発注システムと10,000人規模のクリエイターネットワークにより、お客様の労力とコストを大幅に削減しており、低コスト・短納期での動画制作が可能です。

デジタルシフトマーケティングに動画を活用するのであれば、効果測定と改善のため、低コスト・短納期で動画を制作できる環境が重要になります。

動画を活用したデジタルシフトマーケティングを検討しているのであれば、ぜひKaizen Adを活用してみてください。

Kaizen Ad
▼事例紹介
Kaizen ワークス

▼資料請求資料ダウンロードバナー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

うれしいです。これからもよろしくお願いします!✨
5
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/

この記事が入っているマガジン

Kaizen Ad Video Inside
Kaizen Ad Video Inside
  • 92本

【Kaizen Ad Video Inside】5G時代の動画コミュニケーション戦略をどう考えていくか? Kaizen Adチームがおくる、動画のノウハウ、トレンドから事例まで動画と動画広告のすべてがわかるマガジンです。