Kaizen TEAMを活用して開発期間が1〜2ヶ月に!?「安全」「スピーディ」にサイト改修を実現した「セゾン自動車火災保険」のサイト施策を聞く
見出し画像

Kaizen TEAMを活用して開発期間が1〜2ヶ月に!?「安全」「スピーディ」にサイト改修を実現した「セゾン自動車火災保険」のサイト施策を聞く

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。

損保ジャパン日本興亜グループの中で、ダイレクト型自動車保険を取り扱う企業として、日々、ユーザー数を増やしているセゾン自動車火災保険

ダイレクト型とは、従来の対面式で担当者とやりとりをする代理店型とは異なり、手続きがネットで完結する形の自動車保険です。代理店型は支社・支店や代理店を介することでユーザーと対面して保険を説明できるメリットがある一方、人件費や書類などのコストがかかるため、結果として保険料に影響してしまっていました。

ダイレクト型はそうした書類を極力介さず、インターネットを通じて保険契約を行います。これによって削減できたコストを保険料に反映させることで、リーズナブルな保険料の提供が可能になりました。

しかし、一方でユーザーの中には保険会社の顔が見えないことで、漠然とした不安を抱いてしまう人も多いのだそうです。

そんな不安を解消する施策として、Kaizen Platformを活用したパーソナライズ化施策が効果的だったと語るのは、マーケティング部・小林孝一氏。Kaizen Platformでのお取り組みや具体的な実施施策について伺いました。

▼事例インタビュー全文はこちら


おお!うれしいです!ありがとうございます!
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/