見出し画像

動画LPを導入する理由は?デメリットとポイントも紹介!

リスティング広告などで、効果的なランディングページは、閲覧したユーザーをスムーズにコンバージョンに繋げられるマーケティング戦略として知られています。

しかし、コンバージョンまで極力ストレスを与えずに誘導するために、文章量が少なくなりがちで、ユーザー伝えたい情報を伝えきれないこともしばしば。

上記のような状況を打破すべく、最近では動画を導入したLPも増えてきています。

当記事では、動画LPを導入する理由やデメリット、導入時のポイントなどを紹介していきます。

動画LPを導入する理由は?

画像1

LPを動画に導入する理由としては、明確なメリットがあることが挙げられます。

LPに動画を埋め込む具体的なメリットは以下の通りです。

・伝達できる情報量が増える
・ページ滞在時間が長くなる
・文章による情報伝達を減らせる

基本的には、文章のみでは実現しづらいスムーズな情報伝達を行えることが起きなメリットとなっています。

詳しく見ていきましょう。

伝達できる情報量が増える
LPに動画を埋め込む最もシンプルなメリットが、伝達できる情報量が増えることです。

LPは、明確なコンバージョンに対し、必要最低限の文章で誘導することを目的としたサイトコンテンツになります。

少ない文章でストレスを与えることなくコンバージョンに誘導する必要があることから、掲載する情報については一般的なサイト以上に吟味しなければならず、細かい情報や補足をしづらいです。

動画は文章に比べ、視覚と聴覚を使用して直感的に情報を受け取ることができるので、視聴者がストレスを感じづらいという特徴があります。

よって、動画内で情報を補完することで、LPのメリットを失うことなく情報量を増やすことができるのです。

LPのコンテンツとしての質を上げる意味でも、LPへの動画の埋め込みは有効な手段であるといえます。

ページ滞在時間が長くなる
2つ目の理由は、ページ滞在時間が長くなるということです。

ユーザーに動画を視聴してもらえれば、単純に動画視聴時間を増やすことができます。

また、動画内で商品やサービスについて過不足なく解説し、しっかりと興味づけができれば、動画視聴後にLPの文章が読まれる可能性が高くなり、更なるページ滞在時間の増加を望むことが可能です。

ページの滞在時間が増えれば増えるほど、ユーザーは商品やサービスへの理解度が上がります。

結果、ニーズが噛み合ったユーザーを逃すことなく、コンバージョンへと誘導できる可能性が高くなるので、より効率的なマーケティングが可能になるでしょう。

文章による情報伝達を減らせる
先述したように、LPは最低限の文章情報によってコンバージョンへと誘導することが目的のサイトコンテンツです。

裏を返すと、LPというマーケティング戦略が存在するということは、消費者の多くは文章を読むことにストレスを感じるということになります。

つまり、LP内の文章量を減らせれば、よりコンバージョンへ誘導できる可能性が高くなるといえます。

しかし、単純に文章量を減らしてしまうと、商品やサービスの魅力を伝えきれず、購買意欲を増進させることができません。

動画を利用すれば、多くの情報伝達を動画に任せることができるため、情報を不足させることなくLP内の文章量を減らすことができます。

ユーザーに対し、ストレスなく効率的に必要な情報を伝えることができることも、LPに動画を埋め込む大きなメリットであるといえるでしょう。

動画LPを導入するデメリットは?

画像2

LPを動画に埋め込む際にはデメリットも存在します。

LPに動画を導入するデメリットは以下の通りです。

・ページの表示速度が遅くなる
・情報過多になる可能性がある

詳しく見ていきましょう。

ページの表示速度が遅くなる
1つ目のデメリットは、ページの表示時間が遅くなることです。

WEBの稼働状況監視するサービスを提供している「Pingdom」が行った2018年の調査では、ページの読み込み時間が3秒を超えると、離脱率が激減することが分かりました。

Googleからも同様の調査結果が出ており、ページ表示時間が3秒を超えると、離脱率が58%増加することが分かっています。

動画をLPに埋め込むと、サイト自体のデータ容量が大きくなってしまうので、ページ滞在時間が増え、不必要に離脱率を増加させてしまう可能性が高いです。

以上のことから、LPに複数の動画を埋め込むのは得策とはいえません。

ページの表示時間を増やさないためにも、むやみに複数の動画を埋め込むのではなく、動画の数を1~2つに絞り、内容を吟味することが重要であるといえるでしょう。

情報過多になる可能性がある
動画を埋め込む際には、LP全体が情報過多になってしまう可能性も考慮しなければなりません。

例えば、文章と動画で紹介している情報が重なっていたりすると、LP内の情報の純度が低くなってしまい、必要な情報が上手く伝わらない可能性があります。

また、動画内に情報を詰め込みすぎると商品やサービスの魅力が分かりづらくなってしまい、ユーザーへの訴求力がなくなってしまう可能性が高いです。

LPに動画を埋め込む際には、文章と動画で紹介する情報のバランスが重要になります。

文章で伝える情報と動画で伝える情報を仕分けし、LP全体の情報に過不足がないよう、吟味するようにしましょう。

動画LPを導入する際のポイントを紹介

画像3

LPに動画を埋め込む理由とデメリットが分かったところで、動画LPを導入する際にポイントについて紹介します。

LPに動画を活用する際のポイントは以下の通りです。

・ファーストビューに動画を置く
・動画は簡潔かつ短時間なものにする
・自動再生にしない
・広告にならないように注意する

詳しく見ていきましょう。

ファーストビューに動画を置く
1つ目のポイントは、動画を埋め込む位置についてです。

LPに動画を埋め込む際には、動画をサイトのファーストビューに埋め込むことが重要になります。

サイトを開いてすぐに動画が確認できれば、動画を視聴に離脱してしまうユーザーを減らすことが可能です。

さらに文章よりも先に動画を視聴させることで、宣伝物への興味付けがした状態で文章を読ませることができるので、より高いコンバージョン率を期待することができます。

動画をLPに埋め込むのであれば、1つは必ずファーストビューに設置するようにしましょう。

動画は簡潔かつ短時間なものにする
2つ目のポイントは動画の内容と時間についてです。

動画に情報を詰め込みすぎると、再生時間が長時間になってしまい、視聴者が飽きてしまう可能性が高いです。

よって、LPに埋め込む動画は、視聴者が欲している情報を整理し、簡潔にすることが重要になってきます。

先述したように、動画と文章で伝える情報を明確に仕分けし、特に動画出ないとイメージの難しい内容を、いかに整理して分かりやすく伝えられるかを考慮して動画を制作するようにしましょう。

自動再生にしない
LPに埋め込む動画は自動再生にしないように注意しましょう。

動画が自動再生になっていると、ユーザーが驚いて、すぐに離脱してしまう可能性が高いです。

せっかく一度はサイトを閲覧してくれた人も、離脱してしまうと戻ってくる可能性は低くなってしまいます。

ユーザーに不要な不快感を与えないためにも、背景動画などにしていない限りは動画の自動再生は避けた方が懸命でしょう。

広告にならないように注意する
LPに埋め込む動画は、広告になりすぎないように注意しましょう。

LPでは広告としての役割は文章が担ってくれます。

もし、動画も広告としての側面が強い内容にしてしまうと売り込み要素が強くなってしまい、ユーザーが違和感を感じてしまう可能性が高いです。

LPに埋め込む動画はあくまで商品やサービスの詳細な説明をする内容にして、売り込み要素が感じられないようにするのが良いでしょう。

まとめ

画像4

LPに動画を導入するメリットやデメリット、導入時のポイントなどを紹介してきました。

LPに動画を埋め込むことで、情報伝達量の増加や、ページ滞在時間の増加など、様々な恩恵が得られます。

特に情報を文章と切り分けて、イメージしづらい内容を直感的に伝えられるのが大きなメリットです。

動画を制作する際には、文章で伝える情報と動画で伝える情報をきっかりと仕分けし、簡潔かつ短時間な動画を制作することが重要になります。

KAIZEN ADでは、徹底的に手間を省いた発注システムと10,000人規模のクリエイターネットワークにより、お客様の労力とコストを大幅に削減しており、低コスト・短納期での動画制作が可能です。

LPに動画を導入してみたいと考えている人は、ぜひKaizen Adを活用してみてください。

Kaizen Ad
▼事例紹介
Kaizen ワークス

▼資料請求資料ダウンロードバナー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

無上の喜び!ありがとうございます!
1
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/

こちらでもピックアップされています

Kaizen Ad Video Inside
Kaizen Ad Video Inside
  • 95本

【Kaizen Ad Video Inside】5G時代の動画コミュニケーション戦略をどう考えていくか? Kaizen Adチームがおくる、動画のノウハウ、トレンドから事例まで動画と動画広告のすべてがわかるマガジンです。