見出し画像

不動産業界必見! 360度動画と物件紹介・YouTube配信・広告のメリットと活用事例

不動産業界では、動画による集客やマーケティングが注目を集めています。物件の情報をより臨場感を持って伝えることができ、実際に物件サイトへのアクセス数や反響の増加といった効果が期待できます。

この記事では、不動産業にて動画配信や動画コンテンツ制作を行うメリットや具体的な活用方法について詳しく解説します。実際に動画を採用している企業の導入例、不動産業界の動画配信例などもご紹介しています。

動画コンテンツの導入を検討している方は、最後まで読んでみてください。

不動産業で動画配信をするメリットは?

画像1

不動産業で動画配信を取り入れるメリットは、物件の魅力をよりわかりやすく伝えられることだけに留まりません。主なメリットについて詳しく解説します。

物件・ロケーションの魅力を動画で訴求できる
動画は文章や画像よりも訴求できる情報量が多く、物件やロケーションの魅力をより訴求しやすいというメリットがあります。見た人に詳細や雰囲気を伝えやすいのが、動画の特徴です。

間取りの図面や写真だけではわかりにくい雰囲気や、日当たりの度合い、周辺環境や隣の建物との距離感なども、動画にまとめることができます。

そのため、動画を通して活用することによって物件情報をより臨場感を持って伝えられ、物件に興味がある方が物件に住むイメージを持ちやすくなります。

視覚・聴覚でコンパクトに伝えられる
動画は音楽や音声をつけることができるため、視覚と聴覚両方でコンパクトに不動産情報を伝えることができます。

5分前後の不動産紹介動画となると短く感じるかもしれませんが、不動産そのものから周りの施設、公園や歩道などの環境情報など十分な情報をまとめられます。

実際に現地での案内担当者やスタッフによるポイントの紹介を音声で収録し、動画に追加することで、ユーザーが親近感を与えることも可能です。

文章や画像だけでは、室内や屋外の情報がどうしても断片的になりやすいですが、動画によって実際に現地に足を運ばずともより多くの不動産情報が得られます。

YouTube配信などで新たなターゲットを開拓できる
企業の公式YouTubeチャンネルなどで動画を投稿すると、動画検索やYouTube内でのターゲット開拓にも有効です。YouTube動画に物件の詳細ページのURLを掲載しておくことで、誘導することも可能です。

また、動画コンテンツはSEO対策(検索エンジンの最適化)にも有効で、Google検索での上位表示にも動画が多く見られます。自社のホームページに動画を掲載することで、自社サイト自体の検索結果表示の向上にも貢献できるでしょう。

競合の不動産業と差別化できる
不動産業における動画コンテンツは、上記のようなメリットがありながらも実際に導入している企業はまだ少数、というのが現状です。

「動画制作は手間がかかり、高い技術力が必要」「機材やスタッフなどに費用がかかりそう」といったイメージがある点も、動画コンテンツによる不動産マーケティングが浸透していない理由として挙げられます。

言い換えると、今動画コンテンツを取り入れることで、競合の同業者と差別化を図ることができる、ということです。今ではスマホのアプリで簡単に動画編集が行えますし、スマホのカメラのクオリティも非常に高いので、手間や費用をかけなくても不動産紹介動画の制作ができます。

不動産業で動画活用する手法は?

画像2

ここからは、不動産業で動画活用する方法を詳しく解説していきます。

360度動画は不動産と相性がいい!
360度動画は不動産の紹介に適した、相性の良い動画タイプです。現在複数の物件紹介サイトでは、実際に360度VR画像が掲載されているケースが多く見られます。

動画内の矢印やカーソルを動かすことで、ユーザーが見たい方向にアングルを移動できる仕組みで、動画では流れてしまうような細かな気になるポイントもじっくりチェックできます。

360度VRは専用のカメラやアプリを使用することで、誰でも収録できるため、不動産業に最適な動画のひとつです。

不動産の複雑なサービスを動画で紹介
不動産に関するサービスは、一般のユーザーにとっては複雑で難しく感じやすいものです。動画にてサービスを説明することで、わかりやすく伝えることができます。どういうものでどんなメリットがあるのかを効率よく説明できる上、動画を見るとイメージしやすいため、ユーザーの認識の誤解を防ぐことにも役立ちます。

文章にすると堅苦しくなりがちなサービスの説明部分も、動画の編集によって気軽で親しみやすいテイストに仕上がり、ユーザーに印象付けることができるでしょう。

会社紹介・採用・ブランディングへの動画活用
動画コンテンツは商品やサービスの紹介だけでなく、会社のブランディングとしても利用できます。

会社スタッフの紹介から代表のあいさつ、オフィスの雰囲気などをテーマにした動画を制作することで、はじめて訪れるユーザーにも実際の担当者や職場の魅力を気軽に知ってもらうことができます。

ホームページに掲載すれば、文章がなくても会社紹介ページを完成させることも可能です。

新居でお客様インタビュー
実際に新居を購入した方をはじめ、会社のサービスや商品を利用した方の感想を、インタビュー形式で動画にまとめることができます。何かを購入する際、評判やレビューはユーザーにとって大きな判断材料となるため、非常に重要です。

物件探しのきっかけや新居購入を決めた理由、住み始めてからの感想などを直接本人に聞くことで、リアルなお客様の声を発信でき、はじめてのユーザーにも安心感を与えることができます。

不動産業での動画活用事例紹介

画像3

では、実際に動画を活用している不動産業の事例をご紹介します。ここでは4つピックアップしました。

【事例1】エーアイアール|港区高級賃貸専門サイト
https://www.youtube.com/watch?v=LXRQS8gGeXY
東京都港区エリアの高級賃貸を専門で扱う、エーアイアールのマンション紹介動画です。

3LDKと広い室内を細かく回って撮影されており、各部屋の雰囲気や日当たり、窓からの景色などがわかりやすくなっています。タワーマンションのペントハウスだけあって眺望も素晴らしく、動画を見ているだけで内覧に行ったかのような気分に浸れそうです。

【事例2】VR東京高級不動産|360度動画
https://www.youtube.com/watch?v=OfuFJAsVAvM
東京高級不動産の360度動画が、YouTubeチャンネルで紹介されています。
物件紹介のページ上だけでなく、YouTube内でも公開されています。

【事例3】川越の夫婦の不動産|きづな住宅
https://www.youtube.com/watch?v=pTU1opzmSpE
地域密着型の不動産会社、きづな住宅の物件紹介動画です。

川越市にある3LDKの新築住宅の外観から、室内の各部屋まで細かく撮影しながら、各所の特徴を音声で詳しく説明しています。階段下やリビングなどにこだわりが見られるユニークな住宅で、夫婦でも家族でも楽しく暮らしているイメージが湧いてきそうです。

【事例4】動画で知る東急不動産
https://www.tokyu-land.co.jp/company/press/movie.html
東急不動産の会社コンセプトやブランディングの動画が掲載されているページです。

東急グループ全体の紹介動画から、子どもの笑顔が印象的なライフスタイル動画まで、幅広い人の印象に残る動画をまとめて掲載しています。テレビで流れる広告動画も載っており、馴染みのある人が見てもはじめて訪れた人にもわかりやすい動画コンテンツとなっています。

不動産業の広告・ノウハウ発信事例

画像4

不動産業の広告やノウハウを動画で発信している事例もご紹介します。動画で有益な情報を発信することで、サービスや商品へ誘導も可能です。

不動産コンサルタントによるノウハウ発信事例https://www.youtube.com/watch?v=CgtTJtuGO84
不動産コンサルタント長嶋 修さんのYouTubeチャンネルでは、不動産経済に関する幅広い動画が投稿されています。新築や中古の住宅、マンション購入に関する知識や購入時期などのアドバイスを、一般ユーザーでもわかりやすいように説明してくれています。

このように、不動産知識やノウハウを動画で発信することで、企業や担当者の信頼度アップにもつながるでしょう。

不動産業のYouTube広告配信事例
不動産業のYouTube広告を配信して、多くのYouTubeユーザーに情報を届けることが可能です。全日本不動産協会の事例では、不動産に関する無料相談会などが紹介されています。
https://www.youtube.com/watch?v=AU19KBM4gic

不動産会社のYouTube広告としては、不動産関連の動画に広告を流せるため、より不動産に興味があるターゲット層に宣伝することができるというメリットがあります。

Kaizen Adで不動産業の動画活用を

画像5

不動産業での動画コンテンツは、非常に有益でビジネスの加速が可能です。物件紹介や会社紹介、お客様の感想などの動画を活用することで、効率の良いマーケティングに繋がります。

「いきなり本格的な動画制作をするのは難しい」という方には、不動産業における動画制作経験が豊富なKaizen Adがお手伝いします。動画クリエイターネットワークを駆使して、品質の高い動画をスピーディに納品し、費用も予算内に抑えることができます。

▼Kaizen Adの「事例」を見たい方はこちら
Kaizen ワークス

▼Kaizen Adの「資料請求」はこちら資料ダウンロードバナー

まずは無料相談にてぜひ気軽にお問い合わせください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

スキありがとうございます!とっても励みになります!
5
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/

こちらでもピックアップされています

Kaizen Ad Video Inside
Kaizen Ad Video Inside
  • 94本

【Kaizen Ad Video Inside】5G時代の動画コミュニケーション戦略をどう考えていくか? Kaizen Adチームがおくる、動画のノウハウ、トレンドから事例まで動画と動画広告のすべてがわかるマガジンです。