快適なオフィス環境を守り抜く! 「Kaizenマナー委員会」に直撃

こんにちは、インターンのakiです!

先日、興味深いSlackのやりとりを発見しました👀

ぬぬぬ。「マナー委員会」ってなんだろう?

詳しく聞いてみたいぞ! ということで、Kaizenの快適なオフィス環境づくりに努めていると噂のマナー委員会に直撃しちゃいました。話を聞いたのはマナー委員のtaizoさんです。

Kaizenのオフィスはゴミまみれだった!?

aki
「マナー委員会がどうやって発足したのか知りたいです🙋‍♀️」

taizoさん
「簡単に言うと、みんなが心地よいと感じるオフィス環境を維持するための活動をしてるよ! オフィスがフリーアドレスということもあり、委員会が発足する前はつい飲みかけのペットボトル飲料やゴミをそのままにしちゃう人がいて、あまり綺麗とは言えない状態で……。席だけでなく、マシンに自分が淹れたコーヒーを忘れちゃったり、コピー機に自分がプリントしたものを忘れちゃったり、みんな忙しさにかまけて結構ぐちゃぐちゃだった(笑)」


aki
「リモートワーカーでたまにしかオフィスにいない人もいますし、マナー意識を浸透させるのって難しいですよね😔」

taizoさん
「でも呼びかけるうちに少しずつみんなのマナー意識が定着して、「マナー委員会」として定例会議も組まれるようになり。会議を重ねるなかで、ゴミの分別表の作成・定期的な掃除など、みんなでできることから順次やっていこうということになったよ」

▲こまめに掃除することで、今では出番の少なくなった大掃除グッズ

CEOが“要注意人物”として呼び出される。

taizoさん
「活動の一貫として、“要注意人物”に声かけして委員会メンバーに加入させよう! ということになり……真っ先に呼ばれたのがsudoken(弊社CEO)さん

aki
「(笑)」

▲こちらが要注意人物・sudokenさんのデスク

▲さっそく自省されるsudokenさん

オフィスも自分の家のように大切に

taizoさん
「最近はマナー委員会があまり活動できてないから、また意識が低くなってきちゃっているなあと思っていて」

aki
「そうですか? ぱっと見オフィス綺麗ですけど......」

(普段は優しい)taizoさん
「うん、でもそれは気付いた人が率先して片付けてくれているおかげ。自分の出したゴミは自分で片付けるとか、こぼしたら拭くっていうのは『大人としてちゃんとしよ!?』って思っています。お母さんが片付けてくれるからいいや〜! じゃダメです」

aki
「私、母に任せきりなので耳が痛いです😫 図星です😫」

taizoさん
「オフィスも自分の家みたいに愛を持って接してあげましょ」



以上、マナー委員会への直撃インタビューでした。

マナー意識の向上のため、taizoさんが新たなメンバーを募集されているそう👀  今後の活動にも期待です!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

貴重なお時間いただきありがとうございます!
4

Kaizen Platform 公式note

デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/

Kaizen タイムス

Kaizen Platformの「社内(外)報」です。多彩なメンバーの紹介や、社内でおこなった勉強会の様子、会社のある白金のご紹介など、Kaizen Platformにどんな人間がいて、何を思い、何を喜びとしているのかをお伝えしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。