見出し画像

リモートワークが実現できる

自己紹介

はじめまして、Kaizen Adのカスタマーサクセス(以下CS)を担当しておりますmaiです!
まずは簡単に自己紹介をさせてください。

私の出身地は京都でして、元々関西圏にオフィスを構える企業に勤めていました。転職を機に上京して来てちょうど2年が経ちましたが、相変わらず関西弁が抜けず、よくいじられております(笑)。

Kaizen Platformでは約1年ほど既存サービスであるKaizen PlatformのCSを担当し、昨年5月より新規事業であるKaizen AdのCSとして日々変化を楽しみつつ業務に励んでいます!

業務内容はというと、主に動画広告のディレクションに携わっており、お客様とデザイナーさんの架け橋となり、動画広告を納品・配信結果をもとにPDCAを回していくサポートをしております。また、プロダクトをより良くしていく部分もミッションとして担っています!

とある事をきっかけに

私自身、普段はオフィスに出社して仕事するスタイルだったのですが、あるときに家庭の事情で、2週間ほど関西に帰省しなくてはならない機会が訪れました。

そんな時、上司をはじめとし、メンバーのみんなが温かく受け入れてくれ、実家でのリモートワークが実現しました。やむ追えない状況ではあったものの、そのときの私にとっては最善の環境で業務にあたることができました。周囲のみんなには本当に感謝しかありません。

画像1

リモートワークの活用事例

Kaizen Platformにはリモートワークを体現しているメンバーが多数在籍しています。その日のスケジュールに合わせてお客様先へそのまま直行し、ミーティング等はオンラインで参加するメンバーや、子育てと仕事を両立しているメンバー、基本的に自宅で作業をしているエンジニアも複数名在籍。

関東圏以外の沖縄や福岡、大阪などの国内で生活しながらリモートワークをしているメンバーや、海外で音楽の勉強に励みながらリモートワークをしているメンバーも在籍しておりました。

またプライベートで海外旅行をしながら、リゾートワークも実現可能です。

▼セドナにてリゾートワーク中のエンジニアチーム

画像2

新しい働き方への挑戦

リモートワークは自分自身がベストを尽くせる、最大のパフォーマンスを発揮するための手段の一つではないかと考えています。

自分が自分らしく輝ける、安心して臨める環境であってこそ、その働き方が活きてくるのではないでしょうか。それがリモートワークの醍醐味だと思います!

あなたらしいベストな働き方を、Kaizen Adで実現してみませんか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

素敵な一日になりますように⭐︎
6
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。