見出し画像

拡散されやすいPR動画の作り方のポイントとは?

企業やサービスの認知度向上やブランディングをおこなう際にPR動画(プロモーション動画)を活用する企業が増えています。自社でもPR動画を取り入れてみたいと考えているご担当者も多いのではないでしょうか。

動画は文字や画像と比べて情報量も多く、伝わりやすいため、消費者に商品やサービスの価値を認識してもらう手段として有効です。

本記事では、PR動画の概要から活用するメリット、作り方のコツについてご紹介していきます。

PR動画とは

画像1

PR動画の活用シーン
PR動画は、主に企業がサービスや商品の認知度促進やブランディングなどのために活用する動画を指します。

特にイメージしやすいのは音楽業界における楽曲のプロモーションを目的としたMV(ミュージックビデオ)ではないでしょうか。音楽業界に関わらずさまざまなプロモーションとして活用されることが多くなっています。
最近のトレンドとしては、地域の観光を促進するプロモーションや就活における自己PR動画としての活用も広がっており、さまざまな場面で見かけます。

企業における商品やサービスのプロモーションに着目してご紹介していきます。

PR動画の役割とは?
企業がサービスや商品の価値を消費者に認識してもらうためには、サービスや商品の特徴や類似製品との違いなどを知ってもらうことが重要です。PR動画はそのサービスや商品の価値を認識してもらうための役割を担っています。

ターゲットが新規顧客であれば、商品の認知度向上やブランディング、既存顧客であれば、ロイヤリティやリピートの促進をおこなうことができます。

PR動画の活用場面
PR動画はさまざまな場面での活用が可能です。

KZ-00079_図表1

オフラインの場合は、会社自体の説明をおこなっているPR動画であれば、新卒や中途へ向けた会社説明、営業であれば商談、その他にも展示会や受付のモニター、デジタルサイネージなどで活用できます。
オンラインは、コーポレートサイトはもちろん、SNSやYouTubeチャンネルにアップしておくことで、多くの人にPR動画を見てもらうことができます。

PR動画は一度作成してしまえば、多くの場面で活用できるため費用帯効果が非常に高くなりやすいのも特徴の一つです。

PR動画を活用するメリット

画像3

PR動画を活用するメリットはさまざまあります。

多くの情報を短時間で伝えられる
動画はテキストや画像に比べて5,000倍の情報を持つといわれています。テキストや画像は視覚的な情報のみであるのに対して、動画は聴覚的な情報も含みます。また、動画は動きの情報も持つため、細かいニュアンスを伝えることも可能です。
結果として、動画を活用することで短時間でたくさんの情報を伝えることができます。

記憶に残りやすい
商品やサービスは一度広告を見ただけでは、すぐに具体的なアクションの動機付けをできるわけではありません。例えば、柔軟剤であればドラッグストアに足を運んだ時に想起してもらえるように記憶に定着していることが重要です。

記憶に定着させるのは動画が向いています。動画はテキストに比べ、2倍以上記憶に残りやすいといわれています。テキストを読んだ時の記憶の定着率は10%であるのに対し、動画を視聴した場合は20%と言われており、ユーザーの記憶に残りやすいことが特徴です。

また、人の脳はできるだけ負荷がかかることを嫌うため、文章を一度脳に読み込んで理解するよりも、イメージで理解することを好みます。ストーリー性を持たせることで、羅列された文章よりも22倍も記憶に残りやすいと言われています。

記憶に残すという点では、ただ動きのあるだけの動画より、ストーリー性が重要なので、できるだけストーリー性がある構成で動画を制作するようにしましょう。

抽象的なものをビジュアライズしやすい
PR動画であれば、物理的な商品ではないサービスを取り扱っている業態でもビジュアライズすることが可能です。BtoB企業で複雑性の高い商材を扱っている場合、パンフレットなどの説明媒体があっても説明しにくいことがあります。しかし、動画であればCGやアニメーションを活用することで分かりやすくビジュアライズすることが可能です。

PR動画の作り方のコツとは?

画像4

ここからはPR動画の作り方のコツについてご紹介していきます。

目的を決める
動画をいきなり作り始めるのではなく、まずは目的を明確化しましょう。
目的を決めずに作り始めてしまうと、作りながら修正が多く発生したり、訴求内容がブレてしまいます。そうなると視聴者に伝えたいことも伝わりづらくなってしまうので、目的の明確化は効果を出すうえで非常に重要です。

PR動画であれば、以下のような目的が例として挙げられます。

・企業やサービスの認知度向上をしたい
・地域の集客を行うためのブランディングをしたい
・就活時のPRで自身の魅力をより明確に伝えたい
・楽曲やイベントなどの集客をおこないたい

目標を決める
目的を決めたら、その目的がどういう状態であれば達成できたといえるのか定義しておくとよいでしょう。定量的な指標であるほうが、動画の効果を振り返る際に、良し悪しの判断がつきやすくなります。

動画の目標設定としては、以下の指標が考えられます。

・再生回数
・1人(回)あたりの平均視聴時間
・完全視聴者率
・CTAへの遷移率
・CVR

この他にも、動画を公開する媒体によっては、「いいね!」「シェア」「保存」「コメント」などさまざまな機能があるため、事前にある程度の試算をしておくと、動画を公開している最中に何がボトルネックとなっているのかを判断しやすいです。

ターゲットを決める
目的および目標を決めたら、次にターゲットを決めましょう。
ターゲットを決める際には、「デモグラフィック属性」「サイコグラフィック属性」「ビヘイビア属性」の3つの軸をもとに決めるとより具体的な人物像を描きやすいです。

図表2

ターゲットが複数ある場合は、いくつかのグループに分けておくとよいでしょう。

訴求内容を決める
ターゲットを決めたら、何を一番伝えたいのかの訴求内容を決めましょう。訴求する軸を決める際は、一言(20文字程度)で表せる言葉で定義しておくと、シンプルで伝わりやすいものになります。訴求軸が決まったら、それをもとに肉付けをしていきましょう。

肉付けを考える前に、なぜその訴求がそのターゲットに刺さるのかの理由や、そもそもターゲットが抱えている課題感を事前にまとめておき、動画に盛り込むことで、より動画の訴求も刺さりやすくなります。

話題性を意識する
動画を作る際のポイントとして、話題性を意識することは重要です。
話題性が高いものは、いわゆるSNSにおけるバズるコンテンツです。SNSでバズるコンテンツをつくることで、より多くの方にPR動画を見てもらうことができます。

話題性は、現在SNSでトレンド入りしているものをチェックしたり、Googleトレンドで検索回数が伸びているものを見たりすることで確認できます。

制作会社に依頼する
動画の制作ソフトやツールは無料のものがたくさん出ており、自身で制作するのが十分可能な状態となっています。しかし、自身で一定のクオリティのある動画を制作するには多大な時間を要してしまいがちです。また、多くの時間を費やしたにも関わらず求めるクオリティーの高さが出せないといったパターンもありえます。

もし、あまり動画制作の経験や知識がない状態で動画制作を考えている場合は、制作会社に依頼することも視野に入れた方が効率的です。

制作会社は高いというイメージがあるかもしれませんが、Kaizen Adであれば最低5万円から発注が可能です。また、発注から5営業日での納品が可能で修正対応もおこなうため、非常にスピーディーに動画制作をおこなうことができます。

現在素材として持っているWebサイトやパンフレット、バナーなどをもとに動画化することが可能なので、制作物同士の統一感も出すことができます。

PR動画の作成を検討しているという方はぜひ一度Kaizen Adにお問い合わせください。

Kaizen Adの詳細はこちらよりご確認いただけます。
▼事例紹介
Kaizen ワークス

▼資料請求
資料ダウンロードバナー

まとめ

画像6

PR動画は、一度制作してしまえばさまざまな場面で活用することができます。
商品やサービスのPRであれば、会社説明、商談、展示会、受付のモニターやデジタルサイネージに加え、コーポレートサイト、SNS、YouTubeチャンネルなどオンライン・オフライン問わずにアピールすることができます。

また、動画は非常に記憶に残りやすいため、新しい顧客を獲得することやリピートして使用してもらうことに向いています。動画を活用することでさらなる売上増加も期待できます。

拡散されやすいPR動画を作りたい方へ

Kaizen Ad(カイゼンアド)は、10,000人の大規模ネットワークにより、最短5分で発注、5営業日で納品、最安5万円で作成できることが強みの動画制作会社です。

バナー、チラシ、記事などの各種素材を動画化でき、既存資産の有効活用が可能なうえドキュメントで発注依頼が完了します。これにより依頼内容の意図が明確に伝わり、イメージ通りの動画作成が期待できます。
また、FacebookやInstagram、YouTubeの公式パートナーに認定されているので、動画の品質も保証されています。

さらには、動画広告のPDCA改善率が平均50%と、納品後のサポートもしっかりしています。動画メディアへの広告出稿をおこないたい、動画制作をおこないたいが、費用や時間がかかってしまいPDCAがうまく回らないといった悩みをお持ちの企業におすすめです。

Kaizen-Ad-サービス詳細


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ありがたくこのコンテンツを一緒につくってくれているメンバーの飲み会やランチ会に使わせていただきます!

ありがとうございます!今日が良い日でありますように⭐︎
4
デジタルでビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション(DX)の専門家 Kaizen Platformです。https://kaizenplatform.com/

この記事が入っているマガジン

Kaizen Ad Video Inside
Kaizen Ad Video Inside
  • 92本

【Kaizen Ad Video Inside】5G時代の動画コミュニケーション戦略をどう考えていくか? Kaizen Adチームがおくる、動画のノウハウ、トレンドから事例まで動画と動画広告のすべてがわかるマガジンです。