Kaizen ワークス

80
「一度退会しても、戻ってきてくれればOK」サブスクリプションビジネスに欠かせない柔軟性

「一度退会しても、戻ってきてくれればOK」サブスクリプションビジネスに欠かせない柔軟性

「Amazonプライム」「Netflix」といった書籍・動画配信をはじめ、食品、服、生花の定期便など、あらゆる業界やジャンルで広がりを見せるサブスクリプションを用いたサービス。 Kaizen Platformでは、そんなサブスクリプションビジネスにまつわるいくつかのプロジェクトがあります。今回、話を聞いたのは、サブスクリプションサービスの「解約抑止」を担ったことのあるプロジェクトマネジャーとアカウントエグゼクティブ(営業)の3名。 前編に続く後編では、サブスクリプションサ

65
「解約ページにたどり着いたユーザーを止めるのは難しい」サブスクリプションサービスに潜む課題解決のコツは“行動の分析”

「解約ページにたどり着いたユーザーを止めるのは難しい」サブスクリプションサービスに潜む課題解決のコツは“行動の分析”

「Amazonプライム」「Netflix」といった書籍・動画配信をはじめ、食品、服、生花の定期便など、あらゆる業界やジャンルで広がりを見せるサブスクリプションを用いたサービス。 Kaizen Platformでは、そんなサブスクリプションビジネスにまつわるいくつかのプロジェクトがあります。今回、話を聞いたのは、サブスクリプションサービスの「解約抑止」を担ったことのあるプロジェクトマネジャーとアカウントエグゼクティブ(営業)の3名。 前後編にわたっておくる本記事。前編では、

27
「世の中の変化に金融大手だからこその強みを乗せていきたい」   ー Kaizen金融チームが分析する金融業界の「これから」の面白さ

「世の中の変化に金融大手だからこその強みを乗せていきたい」   ー Kaizen金融チームが分析する金融業界の「これから」の面白さ

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 昨今、規制緩和が進み、金融に関するインターネットサービスが次々に登場しています。金融に興味を持っていない人でも金融に触れる(触れている)機会が増えています。 前編では、金融業界の劇的な変化、金融大手の悩みについて話あってもらいました。後編の今回は、金融業界の変化に大手はどうアプローチをしていけばいいか。また、お金がデジタル化

3
激しく変化する環境とトレンド、「打開策はあります!」 ー 金融業界が悩む人手不足と環境変化に一緒に挑むKaizen金融チーム

激しく変化する環境とトレンド、「打開策はあります!」 ー 金融業界が悩む人手不足と環境変化に一緒に挑むKaizen金融チーム

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 昨今、規制緩和が進み、金融に関するインターネットサービスが次々に登場しています。いまやインターネット上から振り込みもでき、仮想通貨や電子決済サービスなど新たなサービスも次々と登場。金融に興味を持っていない人でも金融に触れる(触れている)機会が増えています。 「環境が激しく変化していく中でも打開策がある!」、そう語るのはKa

3
CSEチームの仕事が楽しくない訳がない!
個性が“出てくる”チーム作りのヒント

CSEチームの仕事が楽しくない訳がない! 個性が“出てくる”チーム作りのヒント

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 「CSEチームは『最速最短』を重視している」(石橋) 前編では、Kaizen Platform自慢のCustomer Success Engineer(以下、CSE)チームの役割、成り立ちを紹介しました。 後編の今回は、前編と同じくCSEチームのメンバーである共同創業者兼エンジニアの石橋利真、エンジニアの舩見高貴生(ふなみ

5
最速最短であらゆるもったいないを解消したい!
CSEチームはKaizenの自慢でもある”遊撃部隊”

最速最短であらゆるもったいないを解消したい! CSEチームはKaizenの自慢でもある”遊撃部隊”

「世界をKaizenする」をミッションに事業を展開しているKaizen Platformがお届けする「世界をKaizenしている人」に注目した本連載。 Kaizen PlatformにはR&Dからカスタマーサポートまで幅広い役割を担うチームがあります。それがCustomer Success Engineerチーム(CSEチーム)。野球で言えばショートやキャッチャー、コーチのような、遊撃部隊と縁の下の力持ちを掛け合わせたような存在。 実はこのチーム、弊社の「自慢」でもあり「

8